New在庫わずか

7'3 MINI MALIBU

ブランド: BIC SPORT  Ref:101695

Price: 45,360円(税込)

関東への送料:8,100円

170サイズを超える商品は目安送料となります

個数: 在庫あり

通常 1週間 以内に発送します。

お買い物について (送料 | 配送方法 | 商品の変更・キャンセル等)

この商品について問い合わせる

友達にメールですすめる

この商品のURLを携帯に送る

この商品の動画を見る

※お取り寄せ商品は、不良品を除き 返品・交換をお受けできませんので、ご注意ください。

Performance

7'3" ミニマリブ - サーフボードの世界売り上げシングルに入る超人気モデル

ミニマリブはオールラウンダーとして完璧です。入門者が使うと安定して楽にパドルできますし、もっと上手なサーファーが乗っても楽しめるボードです。広いコンディションで使えて楽しめるボードとして、ミニマリブはサーフィントライ1日目のライダーから経験を積んだサーファーがブレイクしていないうねりを滑り降りたり、リップを攻めたりできるボードでもあります。他のサーファーがビーチで波待ちしている時間にも練習できるこのボードは良心的な価格であらゆる波のコンディションで使用できる優れたボードです。

 

Characteristcs

長さ 7'3" / 220cm
最大幅 21.25 " / 54 cm
最大厚 2.50 " / 6.4 cm
重量 12.5 lbs / 5.6 Kg
シェイプ Grard Dabbadie
フィン FCS M-5 (インサイド・フォイル・テクノロジー, 111x115mm)

 

 

 

Shaper

ジェラルド・ ダバディ
ジェラルド・ ダバディ

Gérard Dabbadie (Hossegor, France)

元欧州サーフチャンピオン、ジェラルド・ダバディは30年以上のシェイプのキャリアがある。彼はサーフボードのマスタークラフトマンとしてレスペクトされ、超高速の高性能ショートボードからミッドレングスボードのファンライドを求めるボードに至るまで作成し、スキルを磨いてきた。彼は高く評価されているシェイパーであり、フランスのトップサーファーの多くのボードをクラフトするとともにBICスポーツのリサーチとデザインチームのメンバーとしてレスペクトされています。

 

 

NALU(ナルー) 2016年4月号 No.100:掲載モデル

NALU(ナルー) 2016年4月号 No.100

7'3''ミニマリブ

世界通算販売本数10万本を達成したベストセラーモデル。スピーディなテイクオフ、安定したクセのない乗り味で多く の初級サーファーを次のレベルにプッシュアップしてきた。ボトムでの加速性能の高さも秀逸で、中上級者をも納得させるパフォーマンスを持つ。レベルや波質を問わず楽しめるオールマイティな一本だ

 

 

Technology

ACS

ACS構造 (Aerated Cellular Structure )

サーフィンを習い始めたとき、楽しく波に乗れるボード選びに必要な3つのキーポイント:
1. ビギナー向けで上達を促すシェイプのボードであること
2. 傷がつきにくく丈夫なボードで、こわれにくいもの
3. 低価格でパフォーマンスを備えたボード

 

ビギナーから中級レベルのサーファーにお勧めの、丈夫で乗りやすい低価格のボードはACSボードのラインです。

 

構造上の技術:ACSサーフボードは、通常ではファイバーグラスを用いる内側の素材にポリウレタン・フォームを使い、それにモールド加工したポリエチレンを外側に殻のように用いた工法でつくられています。そのため傷や穴がつきにくく、海から出る度にリペアしなければならないファイバーグラスのボードと大きく異なります。

中級レベルのサーファーが乗りやすい

長い間使える

重過ぎず,軽過ぎず適度な重量

 

 

Bic独自のACS製法とは?

BICサーフボード

BICサーフボード

BICサーフボード

ボールペンやライターで世界的に有名なBicがスポーツ部門を作ったのが1979年のことでした。


最初の商品は、ウィンドサーフィン、手漕ぎのボートでした。もちろんこれらの商品は、今でも健在に販売しています。


30年以上前のウィンドサーフィンはすべてポリエチレンの外皮とウレタンフォームの芯材でできていました。

そのメリットは非常に丈夫であること、金型で量産ができること、そのため製品価格を低く設定できることでした。


当時デメリットもありましたので付け加えておきます。「重さ」です。でもこれはボードサイズがウィンドのボードに比べて、はるかに小さいサーフボードにはさほど影響がないことがわかり、Bicサーフボードの製法として採用したのです。それが、Bic社のACS製法です。


ACS製法でできるサーフボードの適度な重量は、サーフボードそのものの推進力につながるため、特に波においていかれがちな初心者には実は大切な要素なのです。


まずは、多くの波に乗ることが上達への近道です。陸上でほんの少し重めに感じるBicでも、海の上でその重さを感じることはありません。

むしろ、その適度な重たさゆえによく波に乗って進んでくれるBicでサーフィンを始めることは大正解なのです。


それと、Bicの丈夫さは特筆すべきですね。ビギナーのころは誰でもボードをよく壊します。家から出る時、階段をおりる時、車に載せるとき、駐車場で、ビーチまでのわずかな道のりで、ほら、海に入る前にすでにボードはクラッシュの可能性に満ち溢れているでしょ?


Bicはちょっとやそっとでは、クラッシュしませんよ~ 特にACS製は丈夫です。さあ、Bicでサーフィンをはじめましょう。

 

 

 

Episode

上條将美プロのテストライドレポート

いい意味で期待を裏切られましたね。思っていたよりずっと懐が深い。

まず感じたのが外皮の硬さとコア芯材のフレックスバランスがとてもいい。

このフレックスを利用して小波ではリズミカルなターンができるし、サイズのある波でも伸びのあるターンが気持ちよく決まりそう。

それに、テイクオフが速く、安定感もよいのでコントロールしやすい。レイト気味のテイクオフも楽。

ロングボードなみに滑り出し、波に乗ればショートボードに近い感覚で楽しめるボードと感じた。

初心者にはもちろん上級者にとっても充分に手ごたえのあるオールラウンドな1本です。
 

(Surfinlife 2009/No.349)

 

 

BIC SPORT(ビックスポーツ)ブランド紹介

ビックスポーツ

BicSportはボールペンやライターで有名なグローバル企業Bicのスポーツ部門として1979年に設立されました。創業者のBic氏は世界最高峰の外洋ヨットレースアメリカズカップにも出場したオーシャニストでした。 今ではSurf,WindSurf,Stand Up paddle board,Kayak,O'PenBicなどウォータースポーツのギアをフランス自社工場で生産しており、世界中の海で愛用されています。

同じブランドで人気の商品ランキング

同じカテゴリで人気の商品ランキング

最近ご覧になった商品

関連するカテゴリーで探す

関連するキーワードで探す

サーフボード ショートボード サーフィン ミニマリブ デッキパッド 初心者 ビギナー キッズ 新作 2018

カスタマーレビュー